careergoriraの日記

就活ブロガーです

はあちゅうの"童貞ディス"を見てみた感想

皆様、はあちゅうという人をご存知だろうか?

はあちゅうは、電通出身のコピーライターである。
今現在はフリーのライターで色々講演会をやっている、有名な人である。

↓参考リンク:はあちゅうとは?
http://lab.oceanize.co.jp/hachu-popular/

今回この有名なはあちゅうが、
電通に所属していた時にセクハラを色々受けた事を告発した。
しかし、その後まもなくはあちゅうが過去の童貞を馬鹿にした発言で炎上したのである。

 

この一件を見ていると、

はてなブログTwitter民は、はあちゅうの事が嫌いなんだなあ」と僕は感じた。

 

なぜなら、はあちゅうが童貞について語っている主張は「童貞性=性的強者への僻み、性的弱者への同情」という、

どこにでもありそうな有り触れた普通の主張である。

しかし、批判や文句を言う人が思いの外多く。

その殆どが、「はあちゅうの立場やスタンスが気にくわない」とする人が殆どだからだ。

 

参考動画

https://m.youtube.com/watch?v=NkqSHihLAIk

 

この一件を見ていると、

①「童貞意見が嫌い→だから、はあちゅうも嫌い」という訳ではなく、

②「はあちゅうが嫌い→だから、童貞意見が嫌い」という理屈なんだなあと感じた。

 

まあ、童貞意見について理論的な問題もないし、

Twitterはてなブログの意見を見てみるとはあちゅうのスタンスが気にくわない人が多いから

②の流れで考えている人が凄い多いのだなあと感じる。

 

僕の身の回りであった近い体験に置き換えてみると、

"中学のクラスの嫌われものがUberworldを聞いていた為、Uberworldって糞だよな"という流れに近いなあ"と感じる。

 

このはあちゅう炎上事件での教訓は、

「インターネットも1つの学校のクラスのような社会であり、

"如何にして嫌われないように振る舞うか?

はてなブログTwitter2chにいる一定数のネットヤンキーと、どう付き合っていくか?"

などを意識しておかないと、自分の意見が通らなかったり、ヤンキーからイジメられてしまうんだなあ」

と僕は思う。